910-8507 福井県福井市文京3-9-1 Tel: 0776-27-8631 詳細はこちら 

目 次
1. 論文など2. 受賞・助成3. 報道・出演・紹介4. 講演
5. 特許6. 書籍7. 学会発表など

論文など

89.Influence of the Surface Charge of the Substrate on the Heat Stability of Electrostatic Interactional Colloidal Crystals Grown by Heterogeneous Nucleation
Tsubasa Tsujino, Isao Tabata, Teruo Hori, Kazumasa Hirogaki
Colloid and Polymer Science, in press
88.超臨界流体染色の特徴と最近の動向
廣垣和正
月刊せんい(日本繊維機械学会誌), in press
87.構造発色による着色を目指した光干渉性微細構造の繊維・布帛上への構築の試み
廣垣和正
加工技術, 55(11), 12-18, 2020年11月
86.不均一核生成した静電相互作用型コロイド結晶の構造安定性に及ぼす基板表面の電荷の効果
廣垣和正
日本学術振興会繊維・高分子機能加工第120委員会年次報告, 71, 59-62 2020年10月
85.Pilot Scale Water Free Dyeing of Pure Cotton Under Supercritical Carbon Dioxide
Tarek Abou Elmaaty, Hirogaki Kazumasa, Hanan Elsisi, Abdalla Mousa, Heba Sorour, Hatem Gaffer, Teruo Hori, Ali Hebeish, Isao Tabata, Reham Farouk
Carbohydrate Polymer Technologies and Applications, 1, 100010, 2020年12月
84.高圧二酸化炭素中におけるポリエステル繊維の動的収縮挙動
廣垣和正,平田豊章,田畑 功,堀 照夫
Journal of Textile Engineering, 66(5), 83-86, 2020年10月
 
目次へ戻る
83.耐熱性・難燃性を兼ね備え柔軟な次世代断熱性繊維創出の試み−パラ系アラミドエアロゲル繊維−
廣垣和正
加工技術, 54(11), 32-38 2019年11月
82.p-アラミドフィブリル分散液の湿式紡糸による物理ゲル繊維の形成とその超臨界乾燥による柔軟なエアロゲル繊維の調製
廣垣和正
日本学術振興会繊維・高分子機能加工第120委員会年次報告, 70, 60-63 2019年10月
81.ディップコートにより単繊維上に形成した堆積型コロイド結晶の構造に繊維表面の性質が及ぼす影響
廣垣和正,佐竹智浩,平田豊章,田畑 功,堀 照夫
Journal of Textile Engineering, 65(5), 85-89 2019年10月
80.Optimization of an eco-friendly dyeing process in both laboratory scale and pilot scale supercritical carbon dioxide unit for polypropylene fabrics
T. Abouelmaaty, M. Sofan, H. Elsisi, E. Negm, T. Kosbar, K. Hirogaki, I. Tabata, T. Hori
Journal of CO2 Utilization, 33, 365-371 2019年10月
79.Preparation of flexible p-aramid aerogel fiber through supercritical drying of its wet-spun gel fiber
Toshiaki Nagahama, Myeong Cheol Hwang, Isao Tabata, Kazuhiko Kosuge, Teruo Hori, Koji Nakane, Kazumasa Hirogaki
Proceedings of 15th Asian Textile Conference, 2019年9月
78.Preparation of Para-aramid Aerogel Fiber through Physical Gelation of Aramid Dispersion Liquid and Supercritical Drying
Y. Suzuki, A. Uchimura, I. Tabata, H. Uematsu, T. Hori, K. Hirogaki
AATCC Journal of Research, 6, 28-32 2019年
77.綿布の反応分散染料を用いた超臨界流体染色
廣垣 和正
月刊せんい(日本繊維機械学会誌), 72(5), 345-348 2019年5月
 
目次へ戻る
76.構造色の発現を利用した新しい着色法
廣垣 和正
繊維学会誌, 74(12), 597-601 2018年12月
75.繊維に構造色をプラス − 繊維表面でのコロイド結晶の形成とその結晶構造の制御 −
廣垣 和正
光アライアンス, 29(12), 1-5 2018年12月
74.電子線グラフト重合法を用いた繊維表面の改質による機能加工
廣垣 和正
Colloid & Interface Communication, 43(3), 22-24 2018年8月
73.綿布の反応分散染料を用いた超臨界流体染色条件の探索
廣垣和正, 小泉佳子, 平田豊章, 田畑 功, 堀 照夫, El-TAWEEL Fathy, ELMAATY Abou Tarek
Journal of Textile Enginering, 64(6), 157-161 2018年12月
72.繊維・布帛上へのコロイド粒子の堆積による構造発色構造の形成
廣垣和正
日本学術振興会繊維・高分子機能加工第120委員会年次報告, 69, 59-61 2018年10月
71.Fabrication of Flexible Nano-fibrillar Aramid Aerogel Fiber
K. Hirogaki, D. Lei, Y. Suzuki, A. Uchimura, I. Tabata, T. Hori
Proceedings of The Second International Forum on Textiles for Graduate Students (IFTGS), 6-10 2018年9月
70.The effect of graft polymer chain structure on dyeability of Nylon 6 fabric with reactive dye
H. Kato, I. Tabata, T. Hori, K. Hirogaki, T. Nishikawa, M. Sugiyama, H. Morishima, K. Ohshima, S. Katsuen
Proceedings of The Second International Forum on Textiles for Graduate Students (IFTGS), 323-327 2018年9月
69.ポリエステル繊維の電子線グラフト重合に及ぼすモノマー溶液組成の影響
宮ア孝司, 能藤紘史, 本田拓也, 許 章煉, 廣垣和正, 堀 照夫
Journal of Fiber Science and Technology, 74(7), 150-157 2018年7月
68.The structural formation of closely packed colloidal crystals on fibre and the effect of surface functionality on crystalline structure
Kazumasa Hirogaki, Daichi Nakamura, Kazushi Sekiguchi, Tomohiro Satake, Isao Tabata
Coloration Technology, 134, 271-274 2018年7月
67.構造色による繊維・高分子材料の着色 − 繊維表面でのコロイド結晶の形成とその結晶構造の制御 −
廣垣 和正
染色研究, 62(1), 6-10 2018年4月
 
目次へ戻る
66.Synthesis of Various Poly(2-hydroxyethyl vinyl ether)-Stabilized Latex Particles via Surfactant-Free Emulsion Polymerization in Water
Shinji Sugihara, Masahiro Sudo, Kazumasa Hirogaki, Satoshi Irie, Yasushi Maeda
Macromolecules, 51, 1260-1271 2018年2月
65.構造色による繊維・高分子材料の着色 不均一核から形成した静電相互作用型コロイド結晶の構造色に及ぼす壁の特性の影響
廣垣 和正
繊維・高分子機能加工第120委員会年次報告, 68, 63-65 2017年10月
64.超臨界二酸化炭素を用いた繊維機能加工
廣垣 和正, 堀 照夫
表面技術, 68(10), 534-538 2017年10月
63.超臨界二酸化炭素を利用した繊維の染色・機能加工 −その特徴と最近の動向−
廣垣 和正, 堀 照夫
科学と工業, 70(5), 191-195 2017年7月
62.Preparation of Para-aramid Aerogel Fiber through Physical Gelation of Aramid Dispersion Liquid and Supercritical Drying
Y.Suzuki, A.Uchimura, I.Tabata, H.Uematsu, T.Hori, K.Hirogaki
Proceeding of 14th Asian Textile Conference, 1, 178-182 2017年6月
61.Structural formation of close-packed colloidal crystal on fiber - Effect of surface functionality of fiber to crystalline structure -
K.Hirogaki, D.Nakamura, K.Sekiguchi, T.Satake, I.Tabata
Proceeding of 14th Asian Textile Conference, 2, 127-130 2017年6月
60.1本のフィラメントが被覆導線として機能する繊維の調製を目指した超臨界二酸化炭素を媒体とする芯鞘繊維への金属の偏析
廣垣 和正
月刊せんい(日本繊維機械学会誌), 70(5), 325-329 2017年5月
 
目次へ戻る
59.超臨界二酸化炭素を媒体とした芯鞘繊維へのPd錯体の注入・還元によるPdの偏析
廣垣 和正
繊維・高分子機能加工第120委員会年次報告, 67, 52-54 2017年2月
58.IFATCC XXIV International Congress 欧州における染色・仕上げ加工の研究動向
廣垣 和正
染色研究, 60(3), 61-65 2016年12月
57.紡糸・繊維機能加工−構造発色繊維−
廣垣 和正
成形加工, 28, 265-269 2016年6月
56.新規繊維加工技術と機能性繊維材料の創製の取り組み
廣垣 和正
繊維学会誌, 72, 223 2016年4月
 
目次へ戻る
55.超臨界二酸化炭素を媒体としたナイロン6布帛への金注入による着色
廣垣 和正
繊維・高分子機能加工第120委員会年次報告, 66, 62-64 2015年12月
54.Synthesis of Nanofibrillar Para-aramid Aerogel through Supercritical Drying
K.Hirogaki, L.Du, I.Tabata, T.Hori
Proceedings of The 13th Asian Textile Conference, 3 Part C, 1092-1096 2015年12月
53.超臨界二酸化炭素を媒体とした繊維への金属注入による着色
廣垣 和正
加工技術 50(11) 584-587 2015年11月
52.先進的な繊維加工技術と高機能繊維材料の創成への取り組み
廣垣 和正
放射線照射利用促進協議会 JAPI Newsletter 18(4) 2-4 2015年10月
51.電子線照射を利用した漆器の改質
廣垣 和正
環境と健康 730(2) 159-166 2015年09月
50.電子線グラフト重合による難加工高強度繊維の染色性・界面接着性の向上
廣垣 和正
ISOTOPE NEWS 730(2) 16-18 2015年02月
49.温度により濡れ性が変化するインテリジェント布帛の電子線グラフト重合による調製
廣垣 和正
月刊せんい(日本繊維機械学会誌) 68(2) 93-96 2015年02月
 
目次へ戻る
48.先進的な繊維材料の創製への取り組み
廣垣 和正
加工技術 49(11) 625-633 2014年11月
47.A New Nanoporous Aramid Fiber Aerogel
Lei Du, I.Tabata, K.Hirogaki
Sen'i Gakkaishi 70(9) 197-202 2014年09月
46.電子線グラフト重合による繊維の改質・機能加工
廣垣 和正
福井大学大学院工学研究科付属繊維工業研究センター年報 vol.6 & vol.7 2012-2013 75-79 2014年08月
45.Preparation of Polyester Fabric Having Thermo-responsive Wettability through Electron Beam Graft Polymerization with N-isopropyl Acrylamide
K.Hirogaki, K.Shimada, I.Tabata, K.Hisada, T.Hori
Proceedings of International Symposium on Fiber Science and Technology 2014 2014年01月
 
目次へ戻る
44.電子線グラフト重合による難加工性高強度繊維の改質
廣垣 和正
放射線と産業(135) 34-38 2013年12月
43.電子線照射を活用した漆器の改質 〜漆塗膜の耐傷性・樹脂密着性の向上〜
廣垣 和正
放射線照射利用促進協議会 JAPI Newsletter 16(3) 2-6 2013年08月
42.Characterization of copper-plated conductive fibers after pretreatment with supercritical carbon dioxide and surface modification using Lyocell fiber
H.Cho, I.Tabata, K.Hisada, K.Hirogaki, T.Hori
Textile Research Journal 83(8) 780-793 2013年08月
41.Two-step radical grafting onto polypropylene fiber initiated by active species prepared through the irradiation of electron beam
K.Hisada, M.Matsuoka, I.Tabata, K.Hirogaki, T.Hori
J. Photopolym. Sci. Tech. 26(2) 277-282 2013年07月
40.高耐久性金属複合化導電繊維の創出−超臨界二酸化炭素を用いた金属複合化デポジションシステムの構築とその応用−
廣垣 和正
福井大学 助成研究成果集 2013 ‐明日への挑戦‐ 88-89 2013年06月
39.Preparation of Electro-conductive Fiber by Metal Composition Using Supercritical Carbon Dioxide
K.Hirogaki, Y.Tsunekawa, I.Tabata, K.Hisada, T.Hori
Proceedings of XXIII IFATCC International Congress 2013年05月
 
目次へ戻る
38.Improvement of Dyeability of Para-Aramid Fibers Using Electron-Beam-Induced Graft Polymerization
K.Hirogaki, N.Kitagawa, T.Fujita, I.Tabata, K.Hisada, T.Hori
Sen'i Gakkaishi 68(8) 211-217 2012年08月
37.高耐久性金属複合化導電繊維の創出−超臨界二酸化炭素を用いた金属複合化デポジションシステムの構築とその応用−
廣垣 和正
福井大学 助成研究成果集 2012 ‐明日への挑戦‐ 70-71 2012年07月
36.ゾル・ゲル法を用いる各種繊維の無電解めっきの前処理
水嚢 満, 高木 努, 廣垣 和正, 堀 照夫
繊維学会誌 68(4) 88-92 2012年04月
35.Improving Adhesion between Fiber and Coating Material
H.Cho, I.Tabata, K.Hisada, K.Hirogaki, T.Hori
Sen'i Gakkaishi 68(4) 79-87 2012年04月
34.Super High Water-Repellent Treatments of Various Kinds of Clothes
M.Mizuno, Y.Chaya, T.Takagi, K.Hirogaki, T.Hori
Sen'i Gakkaishi 68(4) 93-97 2012年04月
33.超臨界二酸化炭素を用いた金属複合化導電性繊維の創出
廣垣 和正
繊維学会誌(繊維と工業) 68(10) 304-306 2012年01月
32.UV-induced formation of activated Bi2O3 nanoflake: an enhanced visible light driven photocatalyst by platinum loading
Z.Xu, I.Tabata, K.Hirogaki, K.Hisada, T.Wang, S.Wang, T.Hori
RSC Advances 1(2) 103-106 2012年
 
目次へ戻る
31.Increased Peel Strength of Copper Plating Using Supercritical Fluid Methods for Epoxy Printed Circuit Boards
H.Ohnuki, S.Sumi, S.Takaku, K.Hirogaki, T.Hori
Sen'i Gakkaishi 67(11) 240-244 2011年11月
30.超臨界二酸化炭素による金属錯体注入と銅めっき密着性評価 −液晶ポリマープリント基板−
大貫 秀文, 高久 真治, 廣垣 和正, 堀 照夫, 角 真司
繊維学会誌 67(11) 245-251 2011年11月
29.Improvement in dyeability of para-aramid fiber by electron beam graft polymerization
K.Hirogaki, N.Kitagawa, T.Fujita, I.Tabata, K.Hisada, T.Hori
Proceedings of The 11th Asian Textile Conference 459-463 2011年11月
28.Electron Beam Irradiation Technique for Fiber and Textile Modifications
T.Hori, K.Hirogaki, I.Tabata, S.Okubayashi, K.Hisada
Proceedings of The 11th Asian Textile Conference 62-67 2011年11月
27.コロイド結晶ゲルの固定による構造発色フィルムの調製と歪センサーへの応用
廣垣 和正, 神野 裕之, 田畑 功, 久田 研次, 堀 照夫
福井大学大学院工学研究科付属繊維工業研究センター年報 vol.4 2010 4 26-30 2011年08月
26.Preparation of platinum-loaded cubic tungsten oxide: A highly efficient visible light-driven photocatalyst
Z.Xu, I.Tabata, K.Hirogaki, K.Hisada, T.Wang, S.Wang, T.Hori
Materials Letters 65(9) 1252-1256 2011年05月
25.The effectiveness of thermal treatment for development of conductive metalized aramid fiber using supercritical fluid carbon dioxide - Fiber-metal adhesive strength improvement -
N.Martinez, K.Hisada, I.Tabata, K.Hirogaki, S.Yonezawa, T.Hori
The Journal of Supercritical Fluids 56(3) 322-329 2011年04月
24.Nontraditional template synthesis of microjagged bismuth oxide: a highly efficient visible light responsive photocatalyst
Z.Xu, I.Tabata, K.Hirogaki, K.Hisada, T.Wang, S.Wang, T.Hori
Catalysis Science & Technology 1(3) 397-400 2011年04月
23.Supercritical Dyeing of Polyester Fibers in a Mini-Plant Processing Internal Circulator
S.Okubayashi, T.Suzuma, C.Zhao, K.Miyazaki, K.Hirogaki, T.Hori
Sen'i Gakkaishi 67(2) 27-33 2011年02月
22.Impregnation of fluorescence dyes into polymer optical fiber using carbon dioxide fluid
C.Zhao, S.Okubayashi, K.Hirogaki, I.Tabata, K.Hisada, T.Hori
Sen'i Gakkaishi 67(2) 34-39 2011年02月
 
目次へ戻る
21.Application of Electron Beam Irradiation Technique for Special Modification of Textiles
T.Hori, K.Hirogaki, I.Tabata, S.Okubayashi, K.Miyazaki, K.Hisada
International Symposium on Advanced Fiber/Textile Science and Technology (ISAF) 2010 in Fukui 2010年11月
20.超臨界二酸化炭素を用いた多孔質ポリエステル繊維の調製
廣垣 和正, 田畑 功, 久田 研次, 堀 照夫
繊維学会誌 66(7) 163-167 2010年07月
19.ポリエステル繊維へのシクロデキストリンの固定2- 水系イソシアネートを用いた包接体の固定による機能化 -
廣垣 和正, 神谷 淳, 木水 貢, 山本 孝, 田口 栄子, 金法 順正, 北 伸也, 吉本 克彦, 四日 洋和, 寺尾 啓二, 久田 研次, 堀 照夫
繊維学会誌 66(6) 141-146 2010年06月
18.ポリエステル繊維表面へのシクロデキストリンの固定1 - 溶剤系イソシアネートによる固定・包接能の付与 -
廣垣 和正, 神谷 淳, 木水 貢, 山本 孝, 田口 栄子, 金法 順正, 久田 研次, 堀 照夫
繊維学会誌 66(4) 93-98 2010年04月
17.Impregnation of chitin/chitosan into polyester fabric using supercritical carbon dioxide
T.Baba, K.Hirogaki, I.Tabata, S.Okubayashi, K.Hisada, T.Hori
Sen'i Gakkaishi 66(3) 63-69 2010年03月
16.超臨界二酸化炭素を媒体とする繊維内への高分子化合物の注入
堀 照夫, 馬場 俊之, 田畑 功, 廣垣 和正, 久田 研次, 奥林 里子
繊維学会誌 66(3) 70-73 2010年03月
15.Impregnation of Cyanuric Chloride into Synthetic Fabrics (PET and PP) by Supercritical Carbon Dioxide and its Application in Immobilizing Natural Biomelecules
W.X.Ma, S.Okubayashi, K.Hirogaki, I.Tabata, K.Hisada, T.Hori
Sen'i Gakkaishi 66(10) 243-252 2010年01月
14.紫外線の利用による合成高分子の高機能加工 - 吸着能を持つ繊維製品の開発に向けて -
神谷 淳, 奥村 航, 廣垣 和正
石川県工業試験場平成21年度研究報告 59 2010年
 
目次へ戻る
13.Functional processing of a fabric by fixing of a cyclodextrin inclusion complex
K.Hirogaki, J.Kamitani, M.Kimizu, T.Yamamoto, E.Taguchi, J.Kanenori, K.Hisada, T,Hori
International Symposium on Dyeing and Finishing 2009 73-74 2009年09月
12.包接能化合物固定化技術の開発とその加工プロセスの実用化 - シクロデキストリン固定化技術によるスキンケア加工製品の開発-
山本 孝, 木水 貢, 神谷 淳, 金法 順正, 田口 栄子, 吉本 克彦, 北 伸也, 寺尾 啓二, 四日 洋和, 久田 研次, 廣垣 和正
石川県工業試験場平成19年度研究報告 57 29-34 2008年
11.Structural changes in poly(ethylene terephthalate) induced by supercritical carbon dioxide containing a cosolvent as a modifier
K.Hirogaki, X.Zhao, I.Tabata, K.Hisada, S.Okubayashi, T.Hori
Sen'i Gakkaishi 62(8) 180-185 2006年08月
10.An investigation of the morphological changes in poly(ethylene terephthalate) fiber treated with supercritical carbon dioxide under various conditions
K.Hirogaki, I.Tabata, K.Hisada, T.Hori
The Journal of Supercritical Fluids 38(3) 399-405 2006年01月
9.A New Method of Producing Conductive Aramid Fibers Using Supercritical Carbon Dioxide
X.Zhao, K.Hirogaki, I.Tabata, S.Okubayashi, K.Hisada, T.Hori
Surface and Coatings Technology 201(42067) 628-636 2006年01月
8.An investigation of the interaction of supercritical carbon dioxide with poly(ethylene terephthalate) and the effects of some additive modifiers on the interaction
K.Hirogaki, I.Tabata, K.Hisada, T.Hori
The Journal of Supercritical Fluids 36(2) 166-172 2005年12月
 
目次へ戻る
7.発泡ポリエステル繊維の開発
廣垣 和正, 堀 照夫
福井大学ベンチャービジネスラボラトリー年報 2 56-57 2005年03月
6.Morphological Changes of Usual Polymers in Supercritical Carbon Dioxide under Various Conditions
K.Hirogaki, I.Tabata, T.Hori
Proceedings of The textile Institute 83rd World Conference 2004年05月
5.発泡ポリエステル繊維の開発
廣垣 和正, 堀 照夫
福井大学ベンチャービジネスラボラトリー年報 1 41-42 2004年03月
4.Morphological Changes of Usual Polymers in Supercritical Carbon Dioxide under Various Conditions
K.Hirogaki, I.Tabata, T.Hori
Proceedings of The International Conference on Dyeing and Finishing 29-30 2003年09月
3.A New Approach for Texile Finishing using Supercritical Carbon Dioxide
T.Hori, K.Hirogaki, S.Miyagawa, X.Zhao, I.Tabata, K.Hisada
Proceedings of The International Conference on Dyeing and Finishing 47-55 2003年09月
2.超臨界二酸化炭素中での汎用高分子の膨潤挙動
廣垣 和正, 田畑 功, 堀 照夫
繊維工業研究協会報告 13 25-28 2003年
1.Impregnation of Functional Compounds into Fibers from Supercritical CO2 Fluid
T.Hori, K.Hirogaki, S.Miyagawa, X.Zhao, I.Tabata, K.Hisada
Proceedings of World Congress 2002 Fiber symposium 2002年09月
 
目次へ戻る

受賞・助成など

9.平成28年6月8日 公益財団法人前田工繊財団 2016年度助成
「耐熱・難燃性を備え堅く柔軟なアラミドエアロゲル繊維の創出」
8.平成26年4月23日 公益財団法人スガウェザリング技術振興財団 第33回研究助成
「耐光堅牢性に優れる構造色による繊維の新規着色法に関する研究」
7.平成25年5月10日 Best Poster Award 1st Place, XXIII IFATCC International Congress
「Preparation of electro-conductive fiber by metal composition using supercritical Carbone Dioxide fluid」
6.平成23年6月8日 社団法人繊維学会 第15回繊維科学・技術研究助成
「超臨界二酸化炭素を用いた高耐久性金属複合化導電繊維の創出」
5.平成23年6月8日 社団法人繊維学会 第37回論文賞
「超臨界二酸化炭素を用いた多孔質ポリエステル繊維の調製」
4.平成19年10月27日 平成19年度全国繊維技術交流プラザ 優秀賞
「スキンケアレディースウェア」JST重点地域研究推進プログラム成果物として
3.平成16年1月17日 福井市・地域産業創造会議 ふくいビジネスプランコンテスト2004 会場賞
「発泡合成繊維の開発と起業化」
2.平成16年1月17日 福井市・地域産業創造会議 ふくいビジネスプランコンテスト2004 優秀賞
「発泡合成繊維の開発と起業化」
1.平成13年3月 平成13年度福井大学工学研究科 優秀学生表彰
「大学院博士前期課程生物化学工学専攻」
目次へ戻る

報道・出演・紹介

11.平成31年3月8日 国立大学56工学系学部ホームページ
Pict-Labo「光り輝く構造色、生物の構造を模倣した発色体の創製」
10.河合塾 みらいぶっく 学問・大学なび
「高分子・繊維材料 主な研究者 鉄人」
9.平成30年7月25日 繊維ニュース
「第1回講演会・実習開催 8月に超臨界流体染色で/繊維技術活性化協会」
8.平成29年3月22日 アルアハラム新聞(エジプト)
「ダミエッタ大学無水染色のための最初の実験室をオープン」
7.平成26年7月10日 加工技術2014年7月号
加工レーダー「超臨界流体を用いた導電性繊維」
6.平成26年4月18日 日刊工業新聞
「ウェザリング技術2件表彰7件助成 スガウェザリング財団」
5.平成26年1月5日 読売新聞(YOMIURI ONLINE)地域/福井
「耐熱、耐久性高めたハイテク漆器を」
4.平成25年8月10日 福井放送 FBCラジオキャンパス〜福井いいもの探検隊〜
「電気が流れる繊維 〜超臨界流体を使った繊維への金属の注入〜」
3.平成25年3月13日 NHK福井放送局 ニュースザウルスふくい
「漆器に生かす放射線技術」
2.平成24年3月10日 福井放送 FBCラジオキャンパス〜福井いいもの探検隊〜
「構造色 〜 微細(びさい)な構造を使って色を出す 〜」
1.平成23年7月22日 福井新聞
「繊維の高機能化紹介 福井で若手研究者講演」
目次へ戻る

講  演

28.2020年1月20日 NPO法人繊維技術活性化協会(TAA) 第6回講演会
「ポリエステル以外の超臨界流体染色」
27.2019年11月15日 日本繊維機械学第26回秋季セミナー「考える繊維」
「環境対応素材:無水染色布−超臨界流体染色の特徴と実用化の動向−」
26.2019年8月28日 令和元年度東海・北陸地区国立大学等技術職員合同研修
「環境調和型染色加工技術の研究開発とその実用化」
25.2019年8月8日 第163回ラドテック研究会講演会
「繊維・高分子材料の電子線グラフト重合による改質・機能加工」
24.2019年7月26日 化学工学会超臨界流体部会第18回サマースクール
「超臨界流体染色の特徴と実用化の動向」
23.2019年7月2日 繊維加工技術研究会第57回講演会
「構造色の発現を利用した新しい着色法開発への取り組み」
22.2019年5月27日 NPO法人繊維技術活性化協会(TAA) 第4回講演会
「電子線照射技術を利用した繊維・高分子材料の改質・機能加工の事例紹介」
21.2019年3月5日 NHVコーポレーション第24回電子線応用技術セミナー
「電子線照射技術を利用した繊維・高分子材料の改質・機能加工」
20.2018年8月20日 NPO法人繊維技術活性化協会(TAA) 第1回講演会
「超臨界流体染色の基礎と原理」
19.2018年1月15日 National Campaign of Egypt for Textile Industries Development, Workshop on "New approaches in Water Conservation during Textile Dyeing
「Supercritical fluid dyeing - Waterless Dyeing System -」
18.2018年1月14日 Lecture in Chemistry Department of Damietta University
「Advanced Technology for Textile Dyeing and Finishing」
17.2017年12月5日 福井大学産学官連携本部 ものづくり協働プログラム 先端材料・技術入門講座2 〜新しい繊維産業がやってくる!〜
「超臨界乾燥を用いたp-アラミドエアロゲルの調製」
16.2017年11月7日 京都染色研究会70周年記念講演会
「構造色による繊維・高分子材料の着色」
15.2017年10月28日 2017 International Conference on Advanced Material, Invited Lecture
「Synthesis of Nanofibrillar Para-aramid Aerogel fiber through Supercritical Drying」
14.2017年6月18日 福井大学工業会平成29年度東海支部総会
「先進的な繊維の染色・加工技術開発への取り組みについて」
13.2017年3月23日 Workshop on Supercritical fluid in fiber and textile science 2017(WSSF-Fiber 2017), Invited Lecture
「Dyeing and Finishing of Textile with Supercritical Carbon Dioxide」
12.2017年3月22日 5th International Conference of Faculty of Applied Arts in Damietta, Invited Plenary Lecture
「Innovative Technologies for Functional Processing of Textile」
11.2016年11月11日 低温工学・超電導学会2016年度第3回材料研究会
「パラ系アラミドエアロゲル繊維の調製」
10.2016年6月15日 XXIV IFATCC International Congress, Plenary Lecture
「SYNTHESIS OF NANO-POROUS ARAMID AEROGEL FIBRE THROGH SUPERCRITICAL DRYING」
K.Hirogaki, L.Du, Y.Suzuki, I.Tabata, T.Hori
9.2016年6月10日 平成28年度繊維学会年次大会 染色・機能加工セッション 招待講演
「染料を使わない繊維の着色」
8.2015年7月27日 技術情報協会セミナー 繊維の導電化技術とE−テキスタイルへの応用
「超臨界二酸化炭素を用いた繊維への導電化技術と耐久性向上」
7.2014年5月16日 社団法人大阪ニュークリアサイエンス協会(ONSA)第56回UV/EB研究会
「電子線グラフト重合による繊維の改質・機能加工」
6.2013年11月13日 一般社団法人福井県染色同業会11月度「福井染色研究会」技術講演会
「先進的な繊維の染色・加工技術開発への取り組み」
5.2013年6月28日 放射線照射利用促進協議会(JAPI)平成25年度第一回講演会
「電子線照射を活用した漆器の改質 〜漆塗膜の耐傷性・樹脂密着性の向上〜」
4.2012年12月7日 尾張繊維技術センター平成24年度客員研究員指導
「ゾル―ゲル法を用いた繊維加工技術」
3.2012年8月10日 (一社)繊維学会超臨界流体研究委員会第19会研究会
「超臨界二酸化炭素を用いた繊維への金属複合化による導電性付与」
2.2011年12月21日 第17回福井大学出前塾 in 日華化学株式会社
「構造発色(コロイド結晶)とその他研究成果(電子線・超臨界)について」
1.2011年7月21日 日本繊維機械学会北陸支部H23講演会
「次世代繊維加工技術開発への取り組み」
目次へ戻る

特  許

3.特許6721172「染色されたポリプロピレン繊維構造物、それを用いた衣料品、および超臨界二酸化炭素流体を染色媒体として用いる染色用染料」
宮崎慶輔, 古賀孝一, 堀照夫, 廣垣和正, 田畑功
2.特許6671729「染色されたポリプロピレン繊維構造物、それを用いた衣料品、およびアントラキノン系化合物」
宮崎慶輔, 古賀孝一, 堀照夫, 廣垣和正, 田畑功
1.特許5061295「機能性布帛処理剤及びこれを用いた機能性布帛の製造方法、並びに機能性布帛」
山本孝, 木水貢, 神谷淳, 吉本克彦, 北伸也, 金法順正, 田口栄子, 松田恵理, 久田研次, 堀照夫, 廣垣和正
目次へ戻る

書籍など

3.「電子線グラフト重合法による繊維材料の改質・機能加工」
廣垣 和正
高分子の表面処理・改質と接着性向上, R&D支援センター, 211-223 2019年12月
2.「超臨界二酸化炭素を用いた繊維の導電化技術と電磁波シールド特性」
廣垣 和正、堀 照夫
電磁波吸収・シールド材料の設計、評価技術と最新ノイズ対策, 技術情報協会, 227-235 2016年9月
1.「ポリプロピレン繊維のグラフト重合技術と接着性向上」
廣垣 和正、堀 照夫
ポリプロピレンの構造制御と複合化、成形加工技術, 技術情報協会, 335-340 2016年6月
目次へ戻る

廣垣 和正 准教授

メンバー

研究設備

その他

リンク